勉強会

先日 絵手紙教室の合同勉強会がありました
同じ先生に見て頂いている各教室の方が
一年に一度 集まるチャンスです
絵手紙交流の方とも久々に会えるので楽しみでした

さて今年は月刊俳句誌「ひそろ火」主催・俳人の
木暮陶句郎氏をお招きして、絵手紙に添える
言葉のプラスになるようにと開催されました

木暮先生のお父様は、伊香保町にある
かの有名な「竹久夢二 伊香保記念館」の館長を
なさっています その夢二館の裏手で
陶句郎氏は陶芸と俳句をなさっています
陶芸では日展で入賞し、俳人としては
「ホトトギス」で数々の受賞をしています

お話しの内容ですが、俳句は世界一短い詩で
四季の移ろいを17文字に託し詠む
そのためには、五感を使ってよく物をみることと
言っておられました 
写真の許可をとり写しました
画像 003縮小
50歳の俳句の先生というから 貫禄のある
ちょっと厳しそうな方かな~?と想像していたら
細身でおしゃれで、10歳は若そうに見えました
お話しもユーモアにとんでいて
「何か質問ありますか?」とマイクを急に
むけられた私はタジタジで~
 「季語は一つの俳句に 一つだけと聞きましたが
  二つ、例えば夏の月と蛙の鳴き声が
  浮かんだ時は どうしたら?」なんて
変な質問が口からとっさに出てしまいました
(この間、夜ウォーキングの時 月がきれいで
蛙もにぎやかに鳴いていたもので)

その答え…どちらか印象の強いほうを
季語にして、月に照らされている蛙などのように
使うと教えてくださいました

庭のユキノシタ
画像縮小
今日の一枚は、いま病室のベッドで
病と闘っている友へ 早く良くなって
絵手紙を描けるよになって欲しいとの
願いを込めて・・・ 
画像 004縮小


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

  羨ましいような会ですね。
私は短歌は習っていましたが、俳句はしたことがないの。
短歌には季語はいらないけど、俳句には必要でしょう。
その季語がまた趣深いのよね。
 私も同じ質問をするかも。。。

 ブランコや風船が春の季語って聞いて吃驚したことがあるわ。

No title

俳句の感覚も身につけようなんて、素敵な
勉強会ですね。私らの教室でもやってもらいたいです。

みもざさんは、6月13日に栄村にいかれるのですか ?

No title

素晴らしい会なんですね。参加したい気持ち・・・。

私も絵手紙に言葉が浮かばない時に時々俳句を添えますが添えていいのね。

そんなお勉強してみたいです。ユキノシタ今きれいですよね。

No title

いい勉強をされましたね。
周りの物をよーく見る姿勢は絵手紙に通じることかもしれませんね。
感性が磨かれますよね
俳句もやってみたいと少しはかじったことがありますが、ひとりでは
なかなか続かなくて・・・

No title

20歳 若く見えるわ~ 

言葉が決めて!
絵が生きるか 埋没するの分かれ道
これから みんなの課題です
修業しなくっちゃ!

Re: No title

guuchanへ
季語ってむずかしいですね~ 
月は秋の季語で 他の季節に使うときは
夏の月とか冬の月って使うんですって!
歳時記を本屋さんで買うと いいみたいですね

Re: No title

sibuさんへ
栄村 2回いったことがあります
いいところですよね 大きな地震があって
大変だったようですが、また行って見たいです
女将さんたちの 13日にはご一緒しませんが

Re: No title

案山子さんへ
俳句の先生が 絵手紙に俳句が添えられたら
ステキですね! って言ってました
わたしも時々 俳句らしきもの?を入れますよ

Re: No title

tonncoさんへ
やったことあるんですね 私も勧められた事あるけど
今でもいっぱい、いっぱいなのに・・・
みんな中途半端になるのは 目に見えてますよ~

Re: No title

ピッコロさんへ
そうなの~ 最初テーブルにつかれていた時
MCの方かしらなんて思い 先生はまだかしら?
なんて言ってたの(笑)

私も修行しなくっちゃ だわ 
プロフィール

みもざママ

Author:みもざママ
みもざママのブログへ
    ようこそ( ^-^)/★,。・

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR